cs1zgtfukaa-112

◆10/15(土) 少年展演奏会

<8/18追記>

少年展、演奏会のご予約は満席となりました、
ありがとうございます。

ご来場の方には、通常のCDに加え
青い月の鏡がおまけに付きます
(通常の販売では付かないそうです)。

連休中ご来場いただいた方は
すでにお聞きいただけたかと思いますが
今回の僕の展示(展示というか楽曲ですが…)の解説を、少しだけしたいと思います。

『双子の星は歌い、全ては流転する/パンタレイ』

同一の旋律を時間差で始めることで
美しい楽曲になるカノン形式に
無垢なる双子の星が歌う情景を託しました

こちらが展示の説明書きです。

『双子』というテーマを聞いてから
カノン形式の楽曲を作りたいなとずっと思っていました。

いろんなカノン形式がありますが、今回は一番シンプルな
一つのメロディを2人がずらして弾くと美しく響く
いわゆる輪唱でしょうか。

ただ、中々ぴったりする感じで曲ができなくて
コードから作ったり、楽譜を書いたり
僕としては珍しいやり方で試行錯誤していました。

しかしうまくいかず、
納品まであと一週間…というところで
永井さんの演奏会で関西に行き、

一度全部忘れて東京に戻ったのち
思うがままに弾いて録音し、採譜し
セロを重ねたところ
思いの外綺麗な和音になりました。
それを特急で録音しまして、無事に間に合った…というわけで

やはり僕の場合は、理論先行でない方が
ぴったりくる曲を作れるようです。

ただ、若干不安だったので参考までに
パッヘルベルのカノンも、一回詳しく見てみましたが
数カ所、音が当たるとか、コードから外れるとかありましたけど
あまり気にならず、理屈よりも響きを優先すればいいんだなと勇気をもらいました。

ctjy5u9ueaayfps
あとは今回のCD、主催のサヨチさん、ネイチさんのご好意で
過去の少年展の曲も入って、3曲入りですので
常連の方も、リピーターの方、
また演奏会にいらっしゃれない方も、
会場でCDだけ扱ってもらっておりますので
是非、何卒よろしくお願い致します。

***

<本文>

まだ先だから…と思っていたら、あと数席で締め切りというご連絡を受け(ご予約ありがとうございます!)
慌ててダイアリイを書きました。

●————————————————————●
2016年10月15日[土]
開場…18時00分/開演…18時30分
料金…2500円(CD/おまけ付)
出演…青月泰山[セロ]

場所…ギャルリー・ジュイエ
●————————————————————●

ご予約はこちらの特設ページにて

cs1zgtfukaa-112
おまけを作っていただき、それが大変豪華で
便箋、青い月の鏡、シールなど、似て非なる月のセットです
(※画像はイメージです。色などが異なる場合があります)。

特に鏡は、通常の販売用にはつかず
演奏会のみということです。

少年展、気づけばもう5回目のイベントで
毎回テーマがあり、各作家の方がそれを表現し
僕自身も1ファンとして、いつも会場にお邪魔するのがとても楽しみです。
今回のテーマは

【Twins~対なる身体~】

楽曲としてこのテーマを表現すべく
これまでにしたことがない技法の曲を作っていまして…
まだタイトルもつけられていないので、中身はもう少しお待ちください。

あと、今回で少年展は一旦最後とのこと(?!)。
ネイチさんサヨチさんこれまでありがとうございました&お疲れ様でした。

最後だからというわけではありませんが、今回のご来場特典のCDには
今回書き下ろしの双子曲と、過去に少年展に出した

南十字の虚孔/ゼロ
久遠/エタニテ

アルバム未収録のこちらの2曲も入れてお渡しします。
通常販売や、通販用ではどうなるかわかりませんので、是非当日。
お待ちしておりますね。