160629

イタリアより戻りて

イタリアから戻って
ストアの宛名書きをして、美術展の撤収をしていたら
あっという間に時間が経ってしまいました。

美術展、無事に終わりまして
初めての試みでしたが、いかがだったでしょうか。
改めて、多くの方に来ていただきありがとうございます。
遠方からのご来場も多く、とても嬉しいです。

またアビエタージュのお客さんで、
展示で自分のことを知ってくださった方もいらっしゃったと聞きました。
bambiさん、スタッフの皆様、不在中ありがとうございました!

イタリアでは、野良電波があるときは色々とツイートしておりました。

クレモナでは、やち陽子さんの工房で
将来の楽器(現在板状態)と会えまして
無事に生まれてきてね、とお祈りしてきました。

どうして樹の途中でこういう育ち方になったのか
ベテランの職人さんでもわからないそうです。
天使の羽…。

そして弓は!
ペドレおじさん(巨匠)がわざわざ山から下りてきて
手渡してくださいました。
楽器と同じタイミングで受け取ると思っていたので
めちゃくちゃ嬉しかったです。

受け取ったのは旅の終盤ではありましたが、
弓を日本まで持ち帰ってくることにとても緊張しました。
万が一置き忘れたり盗られたり…があったら…取り返しが…。

マルペンサ〜ドバイ〜成田で
近いてくる奴は全員弓を狙ってるのかくらいの警戒態勢で無事に入国。
感想などは、また書きます。
毎日の練習が、とても楽しいです。

あと、沙漠のプロジェクトがひと段落して
最後に虹を見せてもらったこともあり
次作はなんとなく水にまつわるものになるかなと思っていたところ
このイタリアの旅でも、結果的に終始
水を感じるものとなりました。


まず、天候と波に恵まれ
青の洞窟はカプリ島についたその足で見ることができ

これ以外にも旅行中に3回虹が出て

 

やちさんと同じく職人のマルコさん、ペドレさんに
車で連れて行ってもったイゼオ湖では
期せずして

クリスト&ジャンヌ=クロード

の最新作品を見せてもらいました(歩かせてもらいました)。
イタリア行く前は、やっていることすら知らず
むしろ教科書に載るのかなくらいのアーティストだと思っていたので
色んな意味で驚きました。

どこかの案内所でチラシをもらって知り
それをやちさんに見せたら連れて行ってくださり…
本当にありがとうございます。

IMG_4755

たまたま現地で、本人が船で視察に来てるのにも偶然遭遇して(?!)
我々も、ヨーロッパ中から来ているお客さんも
暑さでみんなぐったりと日陰で休んでいるところ
船が来た時はゾンビのように立ち上がり
みんなスタンディングオベーションでした。

そしてヴェネツィアでは


本来は冬で、この時期はかなり珍しいらしいですが
アクアアルタという現象に遭遇しました。
なぜ…今…?

画家や写真の人だったら、すぐにこれらを見てもらえる形にできるのですが
僕はそれができないので
次の楽曲、そしてゴーシュの物語として
また作っていきたいと思います。

最近は我を捨てて
海に揺蕩うワカメのように
何かに身を任せた方が、うまく流れていく気がして
(他の喩え、何かありませんでしたかね)

自分の中はできるだけ空っぽにして、いつでも
たくさんの曲や、物語が落ちてくるようにしたいなと思ってます。

あと直近のお知らせとしては

□月の沙漠の金砂子
詳細
ストアページ

こちらが6月末日まで。
駆け込みお申し込みお待ちしております!
これまでのアイテム同様、今後増産はできません…。

『FAR SIDE OF THE MOON』

キヨさんのサイトで、期間限定公開中になります。

□遠雷、慈雨。/ピエタ
詳細
通販

遠方の方のために、通販をしてもらうことになりました。

あとあと…ちょっと早いですが

8/28(日)

こちらを是非、手帳にお書きいただけると嬉しく。
夏に恒例の…やつだと思います…